>

同じ家に長く住む

どこをリフォームするのか

基本的にリフォームは新築時のような状態にすることです。
もちろん老朽化してしまったそのものを新しくする、ということが目的ですが、例えば変色してしまった壁紙をリフォームしようとはがし貼り直そうとしたところ、出てきた柱の一部が腐敗していた、ということもあるのではないでしょうか。もし壁紙をリフォームしようとしなければその柱には気づかず地震などで最初に崩れてしまっていた可能性もありますし、何もなくても数年後には壊れてしまっていたかもしれません。もちろんそのおかげでかかってしまう費用は増えてしまうとは思いますがせっかくのリフォームが無駄にならなくてすみます。
数十年後して建築基準法に違反していて家が傾いたりしている、というような事件もあるのでリフォームする場所は徹底的にそれ以外のところも気にしてみるのもいいかもしれません。

長持ちの理由

家を長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要です。そして住んでいて古くなるのと住んでいなくて古くなるのはまた違う老朽化になるのではないかと思います。人が住んでいない家は劣化の速度が早いということはよく聞くことです。
なので空き家になった家は放置するのではなく、売ったり貸したりすることも大事なのではないかと思われます。
そして長持ちの理由のひとつとして大事なのはメンテナンスしやすいかどうか、というところもあるようです。確かに当時流行っていた貴重な材料で建てた家、とその時はその特別感が嬉しくなるとは思いますが10年後いざリフォームしようとした時にその材料がなかったり、なかなか手に入らずリフォーム費用を上回る、ということにもなりかねません。もちろんそのような材料を使えなくなるのは寂しいので他のものと代替をしやすいものと、何かあった時に替えやすいようにしておくのも長持ちの秘訣になるようです。


この記事をシェアする