長く住むために必要なリフォーム

これからのことを考える

あなたはどのような家に住んでいますか? 子供の頃、大人になったらどんな家に住みたいと思っていましたか? 住み方は人それぞれ違い、いろいろな形があります。同じ家に長く住む、これはとても大変なことです。家を大事にすることは人生の充実度を高めることにつながるのではないでしょうか。

住み方が変わるということ

同じ家に住んでいても10年、20年と時が過ぎれば生活も変わってきます。 小学生の時に親が家を建て弟が生まれ、大人になり、実家を出て自分だけの暮らしが始まり…定期的には実家に帰り、やがて結婚をして家族も増え、親と同居…住む人も変われば家の使い方も変わってきます。その時々で最適な住み方を追求したいですね。

同じ家に長く住む

家も人間と同じように年を重ね、古くなってきます。ちょっとした場所なら自分で修理することもできますが、できないところはリフォームすることも必要になってきます。完全に壊れる前に少しずつリフォームを重ねることでよりよい状態で住み続けることができそうです。

住宅スタイル

自分が設計した家に住む、なんて素敵な響きでしょうか。
私も将来はそんなことを夢見ていました。しかし実際は賃貸に住むのも大変だという状態です。実家は親ががんばって建てていますが、いまだに残っているローンと戦っているのをみるとなんとなく違う道を考えてしまいます。
そして結婚して家を出た今、旦那は一生賃貸派だったのです。
賃貸というのは基本二年契約で更新をして住み続けるかそれを機に引っ越すか、というものです。
家を建てる気のない私たちには理想の家に住むのは不可能なのか、と思っていたら、定期借家契約という大家さんと相談で10年20年という賃貸契約を結ぶことができ交渉によってはリフォームやリノベーションで自分の理想の家に住むことができるというものもあるようです。もちろん自分の家ではないので契約終了後更新がなければ大家さんに返さなければなりませんが、その間だけでも自分の理想の家に住めるという体験ができることが素晴らしいなと思います。

実家の話になりますが、実家はかなり湿気の多いところに建っていますので部屋によってはかなりカビに悩まされています。そしてその湿気のおかげで柱を組み立てるのに止められている釘が壁紙をやぶって出てきてしまうということもありました。
最初見た時はかなり驚きましたし、弟は変な虫か何かだと思っていたようです。このように住んでから何年かしてから分かることもあります。業者の人ともしっかりコミュニケーションをとっていたりすると何かあった時に相談しやすいのかもしれません。
そしてリフォームしていつかは自分たちが引き継ぐ、というのもまた、理想的なものかもしれません。賃貸でも二年住んだだけで結構愛着が湧くものです。長く愛される家、大事にしたいです。