長く住むために必要なリフォーム

>

住み方が変わるということ

VSリノベーション

最近よく聞くリノベーション、現在住んでいる家をより住みやすくするために変えていくことを言うそうです。よく聞く形が部屋を区切っている壁を取ってしまって大きな一部屋にするという形です。
築50年以上の建物の中には完全に取り壊すしか方法がないものもあるようですが、リノベーションで建物自体の枠組みを残してそこに自由に肉付けしていく、ということもできるようです。逆に、長く建っている建物は骨組み、材質などもしっかりしたもの長持ちするものを使われていたりするので古き良きもの+最新の技術でより長持ち、強い家ができていくのかもしれません。
周りの環境も変わり、背の高い建物が増え、部屋が暗くなったので、という場合もあり、陽の光りなどが入るというのもその家を長持ちさせる要素になりうるのではないでしょうか。

何にお金がかかるのか

リフォームやリノベーションは新しく家を建て直すよりは費用もかからず始めやすいです。それでも相談していったら理想に伴い、予想以上にお金がかかってしまうというのはありがちです。リフォームをするにあたり、お得な制度もあるようです。

まずはリフォームにかかるお金、工事費と材料費、かけられるお金はいくらなのかを考えます。しかし工事をするにも位置や形で費用が変わったり、思わぬ作業が増えたりしたらお金もかかりますし、材料も一般的なものから珍しく高級なものなどもあるので金額も様々、どこにこだわりたいかをはっきりさせたいところです。
お得な制度としては、住宅ローン減税やリフォーム減税、その地域によっては内容による補助金をだしてくれるところもあるようなのであらかじめ調べて損のないようにしたいです。


この記事をシェアする